紀要論文 コウルリッジのイマジネーション論再考 : 推論の方法論を手がかりに
コウルリッジ ノ イマジネーションロン サイコウ : スイロン ノ ホウホウロン オ テガカリ ニ
Reconsideration of Coleridge's theory of imagination 

伊達, 立晶  ,  ダテ, タツアキ  ,  Date, Tatsuaki

(197)  , pp.25 - 73 , 2016-03-15 , 同志社大学人文学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン ガッカイ , Alternative:The Literary Association, Doshisha University
ISSN:04477340
NII書誌ID(NCID):AN00122832
内容記述
本稿では、コウルリッジの『文学的自叙伝』(1817)で展開されたイマジネーション論と、推論方法について論じる「方法の原理」(1818)との連続性を確認し、双方の理論がミルトン『失楽園』における理性論の影響を受けて成立したことを明らかにする。そのうえで、彼のイマジネーション論を批判的に継承したポーによる推測の方法論と比較し、コウルリッジの理論の方法的限界を指摘する。
This paper verifies the correlation between Coleridge's theory of imagination which was propounded in his Biographia Literaria (1817) and his methodology of reasoning which was developed in his "Essays on the Principles of Method" (1818) , and makes it clear that both theories are formed under the influence of theory of reason in the Milton's Paradise Lost (1667) . In addition to this, comparing the methodology of reasoning by Poe who modified the Coleridge's theory of imagination, we declare that his theories are unfounded.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22923/011001970002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報