紀要論文 『源氏物語』は誰のために書かれたか : 中宮学に向けて
『ゲンジ モノガタリ』ワ ダレ ノ タメ ニ カカレタカ : チュウグウガク ニ ムケテ
源氏物語は誰のために書かれたか : 中宮学に向けて
Implied reader of Tales of Genji

廣田, 收  ,  ヒロタ, オサム  ,  Hirota, Osamu

(196)  , pp.57 - 98 , 2015-11-30 , 同志社大学人文学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン ガッカイ , Alternative:The Literary Association, Doshisha University
ISSN:04477340
NII書誌ID(NCID):AN00122832
内容記述
近代小説として読まれたきた『源氏物語』を、中宮教育を意図して書かれたものとして読み直す試みである。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22911/011001960002.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報