Departmental Bulletin Paper 日本における公務員倫理の課題 : 法令の遵守から自律的な判断へ
ニホン ニオケル コウムイン リンリ ノ カダイ : ホウレイ ノ ジュンシュ カラ ジリツテキ ナ ハンダン エ
Issues of civil service ethics in Japan : from compliance with law to autonomous judgement

鏡, 圭佑  ,  カガミ, ケイスケ  ,  Kagami, Keisuke

5pp.11 - 25 , 2016-03-10 , 同志社大学政策学部・総合政策科学研究科政策学会 , Transcription: ドウシシャ ダイガク セイサク ガクブ・ソウゴウ セイサク カガク ケンキュウカ セイサク ガッカイ
NCID:AA12563753
Description
論説(Article)
本稿の目的は、日本の行政における広義の公務員倫理の導入に向けた議論を進めることである。広義の公務員倫理とは公務員による自律的な判断に基づく倫理的な行為を意味する。この概念の重要性は行政の実務でも指摘されているが、その導入に向けた議論は進んでいない。そこで、本稿では広義の公務員倫理の導入に必要となる組織的な方針およびその導入から期待される成果を理論的に検討することで、広義の公務員倫理の導入に関する一つの指針を提示した。
This article treats the broad concept of civil service ethics. The concept means ethical conduct based on civil servant's own judgement. In Japan's central government, the concept has been recognized as important, but the argument for introduction hasn't made progress. The object of this article is to contribute to the development of the argument. For this object, this article explain two issues: (1) organizational policy which need to introduce the broad concept of civil service ethics (2) expected outcome from the introduction to the broad concept of civil service ethics.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22876/048005000002.pdf

Number of accesses :  

Other information