Departmental Bulletin Paper 「冒険遊び場づくり」運動の現状と課題 : はびきのプレーパークの事例から
「ボウケン アソビバ ズクリ」ウンドウ ノ ゲンジョウ ト カダイ : ハビキノ プレーパーク ノ ジレイ カラ
冒険遊び場づくり運動の現状と課題 : はびきのプレーパークの事例から
An analysis of adventure playground movement in Japan : the case study of Habikino (Osaka) Play Park

内山, 悠  ,  ウチヤマ, ハルカ  ,  Uchiyama, Haruka

17 ( 2 )  , pp.99 - 109 , 2016-03-10 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NCID:AA11408121
Description
研究ノート(Note)
はびきのプレーパークは、1998年に発足した、市民の自由な意思で活動する団体である。度重なる活動拠点の移転のなかで、自分たちのあるべき姿を常に模索し続け、活動をつくり続けてきた。冒険遊び場づくり運動の課題は、人材と資金の持続性に乏しいことである。これらの人材・資金の調達については、活動団体内のみで解決することが難しい。近隣住民や、自治会、行政等とのパートナーシップを築くことで、その解決の糸口を探す必要がある。
Habikino Play Park was established in 1998. It is a group active in the free will of the citizens. Among the transfer of repeated activity base, we continue to always seek own vision, have been making activities. A problem of adventure playground movement in Japan is that the poor in the persistence of human resources and funds. It's difficult to settle it only in the activity group about supply of these human resources and funds. It's necessary to search for the solved start to build a partnership with a neighborhood, residents' association, the government etc..
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22872/019017020007.pdf

Number of accesses :  

Other information