Departmental Bulletin Paper 投資主体間の取引手法の違いと市場流動性
トウシ シュタイカン ノ トリヒキ シュホウ ノ チガイ ト シジョウ リュウドウセイ
The differences of investment style among investors and market liquidity

丸茂, 俊彦  ,  マルモ, トシヒコ  ,  Marumo, Toshihiko

45 ( 4 )  , pp.57 - 75 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NCID:AN00108933
Description
論説(Article)
本稿の目的は、資産価格の下落局面において、市場参加者の投資手法の違いが、市場流動性に及ぼす影響について考察することである。2007-2009年の金融危機のメカニズムを理解するために、パッシブトレーダー、アクティブトレーダー、アービトレージャーおよびノイズトレーダーという四つのタイプの投資家が存在するモデルを構築し、このモデルを用いてボルカー・ルールによって設定されたレバレッジ取引やヘッジファンド規制の有効性について政策的含意を提示する。
The purpose of this paper is to examine how the differences of investment style among the market participants affect the market liquidity in the asset price falling situations. In order to understand a mechanism of the financial crisis during 2007-09, I construct a model in which there are four types of investors –passive trader, active trader, arbitrageur and noise trader. Using this model, I proposes some policy implications about the effectiveness of leverage regulation and hedge fund regulation programs established by Volcker Rule.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22828/007001080004.pdf

Number of accesses :  

Other information