Departmental Bulletin Paper 都心住民の近所付き合いと住民自治 : 京都コミュニティ調査を事例として
トシン ジュウミン ノ キンジョ ズキアイ ト ジュウミン ジチ : キョウト コミュニティ チョウサ オ ジレイ トシテ
Neighborhood association and residents autonomy of urban core residents : a case study of Kyoto community survey

田中, 志敬  ,  タナカ, ユキタカ  ,  Tanaka, Yukitaka

45 ( 4 )  , pp.243 - 270 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NCID:AN00108933
Description
調査(Survey)
地域活動の展開が異なる京都市都心部の2地区のコミュニティ調査を事例に,インフォーマルコミュニケーション(個人の近所づきあい)と,フォーマルコミュニケーション(住民自治やマンション管理運営の参加)の傾向を分析した。その結果,2地区の全体傾向は変わらないが,住民交流が活発な地区の地元住民(戸建て持家)層は,マンション居住者とのインフォーマルコミュニケーションやフォーマルコミュニケーションが活発であった。一方で交流機会の幅が広い地区の新住民(分譲マンション戸建て)層は,インフォーマルコミュニケーションやフォーマルコミュニケーションが活発であった。
It was in case the two districts community survey of Central Kyoto the deployment of different community activities. We analyzed the trend of formal and informal communication. As a result, local residents of residents exchanges lively district, informal communication and formal communication with the apartment residents was lively. On the other hand new residents width of exchange opportunities in a wide area, the informal communication and informal communication was lively.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22835/007001080011.pdf

Number of accesses :  

Other information