Departmental Bulletin Paper 「都心回帰」時代の京都市中京区の学区コミュニティ : 明倫学区と城巽学区の調査より
「トシン カイキ」ジダイ ノ キョウトシ ナカギョウク ノ ガック コミュニティ : メイリン ガック ト ジョウソン ガック ノ チョウサ ヨリ
都心回帰時代の京都市中京区の学区コミュニティ : 明倫学区と城巽学区の調査より
Community in the era of urban core revival : Meirin-gakku and Jouson-gakku of Nakagyo ward in Kyoto City

鯵坂, 学  ,  アジサカ, マナブ  ,  Ajisaka, Manabu

45 ( 4 )  , pp.219 - 242 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NCID:AN00108933
Description
調査(Survey)
1960年代の高度経済成長期に日本の大都市で生じた都心の人口減少と郊外の人口増化=ドーナツ化現象は80年代末にピークを見せたが、バブル経済の崩壊を経てこの現象は90年代後半に陰りを見せ、2000年ころから東京や大阪では都市圏の中心都市や都心区の人口が増加に転じ、2010年の国勢調査でもこの傾向は引き続き顕著である。本調査は歴史的伝統を持つ地方大都市である京都市の都心区である中京区の学区コミュニティが、都心回帰によりどのような影響をうけているかについて、国勢調査の資料の検討やアンケート調査により、解明した。
Since the late 1990s Japanese major cities have witnessed a shift from decline to growth of its population in urban core areas and Nakagyo ward in Kyoto demonstrated a particularly high increase. This study aims to examine the impact of resurgence in urban core population growth on local communities from two perspectives. First, analysis of census data in Nakagyo ward revealed that substantial part of the population growth in 2000s consisted of age cohorts from late 20s to 40s and in terms of occupation, growth of professionals was especially high. Second, the questionnaire survey of new condominium residents in Nakagyo ward showed that the social class of respondents is higher than the average of Kyoto City.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22834/007001080010.pdf

Number of accesses :  

Other information