紀要論文 都心住民の生活実態と社会意識についての一考察 : 京都市中京区明倫学区と城巽学区を事例として
トシン ジュウミン ノ セイカツ ジッタイ ト シャカイ イシキ ニツイテノ イチコウサツ : キョウトシ ナカギョウク メイリン ガック ト ジョウソン ガック オ ジレイ トシテ
An examination on lifestyle and social consciousness of urban core residents in Kyoto

加藤, 泰子  ,  カトウ, ヤスコ  ,  Kato, Yasuko

45 ( 4 )  , pp.189 - 217 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
論説(Article)
2000年前後より,大都市都心部に生じている人口の「都心回帰」による地域コミュニティの変化を探るために,京都市都心部の中京区で行ったコミュニティ調査の結果を事例として分析し,都心住民の生活実態と社会意識を大阪都心区との比較の視点も加えて分析した。その結果,コミュニティ意識の全体的な高さ,地域住民組織とのつながり,政治的信頼感の高さなどに「京都の」都心居住を志向する住民の特徴があることがわかった。
Since around 2000, Japanese major cities have witnessed urban core revival, which have changed local communities in various ways. The author examined on the lifestyle and social consciousness by analyzing questionnaire survey in Nakagyo Ward in Kyoto conducted in 2014 as a case study. The author found that some aspects characterized urban core residents of Kyoto such as higher sense of community, more connectedness to local community associations, and more confidence in politics compare to a case of urban core residents in Osaka.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22833/007001080009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報