紀要論文 企業の会計政策と銀行の貸出行動 : 自己資本比率規制を介した相互連関性
キギョウ ノ カイケイ セイサク ト ギンコウ ノ カシダシ コウドウ : ジコ シホン ヒリツ キセイ オ カイシタ ソウゴ レンカンセイ
Accounting policy of firms and bank lending behavior : interrelation via capital regulation

中井, 教雄  ,  ナカイ, ノリオ  ,  Nakai, Norio

45 ( 4 )  , pp.105 - 126 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
論説(Article)
本論文では、企業の利益平準化行動と銀行の貸出行動との相互関連性について理論分析を行っている。また、企業の経営者がこの相互関連性を考慮して会計報告を行う場合、新規プロジェクトの資金調達を行う上で、既存プロジェクトの会計報告における利益平準化が重要な役割を果たすことを明らかにしている。本稿の結果は、IFRS等に代表される会計制度の変更が、企業の財務情報だけでなく、銀行の貸出行動にも影響を及ぼすことを示唆している。
This article theoretically analyzes the interrelatedness with a profit equalization action of the company and the bank lending action. In addition, This article clarifies what the profit equalization in the accounting of the existing project plays an important role in in performing the financing of the new project when the manager of the company performs accounting in consideration of this interrelatedness. The result of this report suggests that the change of the accounts system represented by IFRS has an influence on not only the financing information of the company but also the rental of bank action.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22830/007001080006.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報