紀要論文 グローバル流動性とマクロプルーデンス政策
グローバル リュウドウセイ ト マクロ プルーデンス セイサク
Global liquidity and macro prudential policy

五百旗頭, 真吾  ,  イオキベ, シンゴ  ,  Iokibe, Shingo

45 ( 4 )  , pp.77 - 104 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
論説(Article)
「グローバル流動性」を5つの視座から整理し,世界金融危機に至る局面では金融部門,先進国間,銀行内のグローバル流動性が重要であった点,危機後は新興国向け流動性が注視されている点を明らかにした。また,民間グローバル流動性変動を抑制するマクロ・プルーデンス措置としてバーゼルⅢの諸規制が一定の効果をもつこと,ただしグローバル流動性の変動性の高さを考えればクロス・ボーダー与信のリスク・ウェイトの可変化など追加の措置も必要なことを論じる。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22829/007001080005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報