紀要論文 期待形成と企業の債務構造の安定性
キタイ ケイセイ ト キギョウ ノ サイム コウゾウ ノ アンテイセイ
Expectation formation and stability of corporate finance

植田, 宏文  ,  ウエダ, ヒロフミ  ,  Ueda, Hirofumi

45 ( 4 )  , pp.25 - 55 , 2016-02-29 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
論説(Article)
本稿では、将来の期待形成がthreshold効果を有する場合、Minskyの金融の不安定性が生じている中で景気循環が内生的に生じることを明らかにする。さらに、投資家の資産選択行動において相対的危険回避度が減少するほど、金融不安定性が生じる可能性が高くなり、その背景で企業の債務構造も大きく変動するという意味においてマクロ経済はさらに不安定化することを分析している。
This paper shows that the Macro-economic fluctuations occur endogenously in the presence of threshold effect in the expectation formation when the Macro economy is in the course of instability as Minsky emphasized. If the relative risk aversion of investors in their portfolio selection decreases, the probability of financial instability will rise. Therefore Macro economy will be more fragile because the corporate debt structure is more volatile in this situation.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22827/007001080003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報