紀要論文 糖尿病患者に対する心理療法 : 認知・行動療法(CBT),動機づけ面接(MI),そしてマインドフルネス

万福, 尚紀  ,  武藤, 崇  ,  マンプク, ナオキ  ,  ムトウ, タカシ  ,  Mampuku, Naoki  ,  Muto, Takashi

5 ( 1 )  , pp.95 - 106 , 2015-12-15 , 心理臨床科学編集委員会 , Transcription:シンリ リンショウ カガク ヘンシュウ イインカイ
ISSN:21864934
内容記述
研究動向
本稿の目的は,糖尿病の一般的な治療と糖尿病に対する心理療法について概観すること,及び近年注目されているアプローチとして,マインドフルネスをベースにした心理的介入の有用性を示すことであった。本稿の構成としては,①糖尿病に対する一般的な治療,②糖尿病に対する代表的な心理療法,③糖尿病患者に対するマインドフルネスをベースにした介入,となっている。現段階でこれらの要素をレビューした結果,一般的な糖尿病治療では,患者の治療に対するアドヒアランスの維持が困難であり,適切な自己管理がもたらされないことが示唆された。そして,糖尿病に対する心理療法の代表としては,認知・行動療法(CBT)と動機づけ面接(MI)が挙げられ,前者は適応可能な患者層の狭さが,後者は糖尿病患者へのMIの実施経験の必要性が示された。一方,マインドフルネスを取り入れた介入は,糖尿病患者に広く適応可能であり,統合的かつテイラーメイドな糖尿病治療においても有用であることが示唆された。ただし,今後の課題点として長期的な効果検討と参加者の負担の軽減が挙げられた。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22808/047005010008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報