紀要論文 過敏性腸症候群に対する認知・行動療法の展望

伊藤, 雅隆  ,  武藤, 崇  ,  イトウ, マサタカ  ,  ムトウ, タカシ  ,  Ito, Masataka  ,  Muto, Takashi

5 ( 1 )  , pp.83 - 94 , 2015-12-15 , 心理臨床科学編集委員会 , Transcription:シンリ リンショウ カガク ヘンシュウ イインカイ
ISSN:21864934
内容記述
研究動向
本稿の目的は,過敏性腸症候群(IBS:Irritable Bowel Syndrome)に対しての認知・行動療法(CBT:Cognitive Behavior Therapy)について展望を行うことであった。有病率が約11%とされるIBSは機能性の消化器障害で,患者の多くがうつ病や不安症などを併発している。薬物療法で軽快しない事例などに,心理療法が適用され,その中でもCBTがその有効性を示している。IBSに対するCBTプログラムについて4種類に分類した。(a)認知療法を用いたもの,(b)ストレスマネジメントを中心にしたもの,(c)腸症状への不安を中心にしたもの,(d)マインドフルネスを用いたものに分類され,それぞれの特徴が示された。今後の課題として,併発症状やQOL改善を見据えた治療プログラムが必要であること,IBS の心理面の基礎的な研究が少ないこと,本邦での治療研究が必要であることが指摘された。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22807/047005010007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報