Departmental Bulletin Paper 賀川豊彦と同志社大学
カガワ トヨヒコ ト ドウシシャ ダイガク
Toyohiko Kagawa and Doshisha University

李, 善惠  ,  リ, ソンヘ  ,  Lee, Sunhye

(64)  , pp.47 - 79 , 2015-12-20 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04503139
NCID:AN00063391
Description
研究ノート(Note)
賀川豊彦(1888‐1960;以下、賀川)は、牧師として、社会運動の先導者として、詩人として、小説家として、幅広い分野で活躍した人物である。その賀川が同志社大学で教員として勤めたことがある。本研究の目的は、賀川と同志社大学とのかかわりを探ることである。本稿では、同志社大学で社会事業学科が設置された当時の状況や文学部神学科の教員や学生との関係に焦点を絞り、追究していく。研究の方法は文献研究である。また、本研究の範囲は、同志社大学の文学部神学科で初めて社会事業学専攻を設置する案が出された1930年から賀川が在職した1939年までとする。
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22739/002000640002.pdf

Number of accesses :  

Other information