Departmental Bulletin Paper FSA写真再考 : 大恐慌期アメリカのドキュメンタリーにおける貧しき者への眼差し
FSA シャシン サイコウ : ダイキョウコウキ アメリカ ノ ドキュメンタリー ニオケル マズシキ モノ エノ マナザシ
FSA写真再考 : 大恐慌期のドキュメンタリーにおける貧しき者への眼差し
FSA シャシン サイコウ : ダイキョウコウキ ノ ドキュメンタリー ニ オケル マズシキ モノ エノ マナザシ
Reconsidering FSA photography : documentary gaze on American in poverty during the great depression

竹中, 悠美  ,  タケナカ, ユミ  ,  Takenaka, Yumi Kim

45 ( 3 )  , pp.1 - 24 , 2015-11-26 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NCID:AN00108933
Description
論説(Article)
大恐慌下のアメリカで大量のドキュメンタリー写真が撮影され,フォトジャーナリズムの隆盛によって広く流通した。そこには,それまでは視覚的に表象されることのなかった貧しい人々の印象的なイメージが数多く含まれていた。本稿は,ニューディール政策のプロパガンダとして制作されたFSA写真の展開を跡付けることで,貧しい人々に向けられていた多様な眼差しを考察する。
A great deal of documentary photographs were taken in the United States during the Great Depression, and were widely circulated thanks to the flourish of photo journalism. They included many impressive images of people in poverty who had seldom been represented visually before. The purpose of this paper is to consider the various gazes on these images by tracing the development of FSA photography produced by the New Deal program as propaganda.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22718/007001070001.pdf

Number of accesses :  

Other information