紀要論文 マルチエリア人感センサを用いた照明制御と知的照明システムの省エネルギー性能
マルチエリア ジンカン センサ オ モチイタ ショウメイ セイギョ ト チテキ ショウメイ システム ノ ショウエネルギー セイノウ
Energy saving performance of the lighting control using the multi-area motion sensor and the intelligent lighting system

松下, 昌平  ,  三木, 光範  ,  中林, 弘光  ,  上南, 遼平  ,  間, 博人  ,  マツシタ, ショウヘイ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  ナカバヤシ, ヒロミツ  ,  ジョウナン, リョウヘイ  ,  アイダ, ヒロト  ,  Matsushita, Shohei  ,  Miki, Mitsunori  ,  Nakabayashi, Hiromitsu  ,  Jonan, Ryohei  ,  Aida, Hiroto

56 ( 3 )  , pp.179 - 185 , 2015-10-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
近年、詳細に人の位置の検出が可能なマルチエリア人感センサの開発が行われている。マルチエリア人感センサを用いた照明制御では、執務者が不在の箇所の照明を消灯することで消費電力を削減できる。一方、我々は各執務者の要求する明るさを実現し、かつ消費電力を削減する知的照明システムの研究を行っている。本研究では、実オフィスを想定した環境において、上記2つの照明制御における省エネルギー性能を比較検証する。
In recent years, the multi-area motion sensor which can detect the position of the person in detail is developed. The illumination control using the multi-area motion sensor can reduce consumption of electricity by turning off the light at the place without workers. On the other hand, we research and develop the intelligent lighting system. This system realizes the brightness that each worker requires and reduces consumption of electricity. In this research, we inspect energy saving performance in the illumination control of the systems in the environment that assumed a real office.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22714/023056030007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報