紀要論文 知的照明システムにおける照度センサの高機能化
チテキ ショウメイ システム ニオケル ショウド センサ ノ コウキノウカ
Multi-functionalization of illuminance sensors in the intelligent lighting system

町田, 啓悟  ,  三木, 光範  ,  松下, 昌平  ,  上南, 遼平  ,  間, 博人  ,  マチダ, ケイゴ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  マツシタ, ショウヘイ  ,  ジョウナン, リョウヘイ  ,  アイダ, ヒロト  ,  Machida, Keigo  ,  Miki, Mitsunori  ,  Matsushita, Shohei  ,  Jonan, Ryohei  ,  Aida, Hiroto

56 ( 3 )  , pp.173 - 178 , 2015-10-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
現在の知的照明システムでは、在離席ならびに目標照度の変更に関し、Webユーザインタフェースを通して行なっている。しかし、Webブラウザを介した変更には手間がかかり、ユーザのストレスとなっていた。一方、照度センサのディジタル化することでEthernetを用いてパケット通信を行い、照度情報以外の情報伝達が可能になった。本研究では、ディジタル照度センサに在離席ボタンならびに目標照度の変更ボタンを搭載した照度センサを試作し、新丸の内ビルディングにおいて実証実験を行った。実証実験のログデータより、従来と比較し在席率が30%向上したことから、ディジタル照度センサを用いることで、操作の快適性が向上したと言える。
In the present Intelligent Lighting System, the seat’s presence/absence and target illuminance was changed by web user interface. However, changing target illuminance through web browser is consuming, and it was a stress for the users. On the other hand, the signal transduction is possible by digitalizing an illuminance sensor using ethernet packet transmission. In this research, we experimentally produced the digital illuminance sensor mounting seat presence/absence button and illuminance changing button and done the verification test in the Shin Marunouchi Building, Tokyo. From the log data which were obtained from the building, the seat presence rate has improved by 30 %. Therefore, we can say that usability in operation has been improved by using the digital illuminance sensor.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22713/023056030006.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報