紀要論文 Microfluidic inverted flow of aqueous and organic solvent mixed solution in a microchannel under laminar flow conditions
層流条件下マイクロチャネルでの油水混合溶液の流体逆転流れ
ソウリュウ ジョウケンカ マイクロチャネル デノ ユスイ コンゴウ ヨウエキ ノ リュウタイ ギャクテン ナガレ

Murakami, Shunpei  ,  Fujinaga, Satoshi  ,  Hashimoto, Masahiko  ,  Tsukagoshi, Kazuhiko  ,  ムラカミ, シュンペイ  ,  フジナガ, サトシ  ,  ハシモト, マサヒコ  ,  ツカゴシ, カズヒコ  ,  村上, 俊平  ,  藤永, 慧  ,  橋本, 雅彦  ,  塚越, 一彦

56 ( 3 )  , pp.155 - 159 , 2015-10-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
2つの溶液が、マイクロチップの2分岐のマイクロチャネルに別々に流され、Y字型の1流路のところで混ざると、1流路での流れは、非混和溶液に対しては平行に、混ざり合う溶液に対しては拡散を通して均一になる。しかしながら、新しい流体挙動が、平行あるいは均一になることもなく、Y字型のマイクロチャネルで観察された。蛍光色素で識別される水−アセトニトリルとアセトニトリル−酢酸エチルが、層流条件下、Y字型マイクロチャネルに等流速で送液された。異なった体積比の混合のもと、1流路の中の2つの相は、はじめ並行流として観察されるが、その後、逆の壁の方へと入れ替わりそのまま並行流として流れた。我々は、このような層流流れを、「流体逆転流れ」と呼ぶ。
When two solutions are individually fed into two separated microchannels of a microchip that combine to form a single channel of a Y-type microchannel, the flows in the single channel are either parallel for immiscible solutions or initially parallel but become homogeneous through diffusion for miscible solutions. Nevertheless, a new type of microfluidic behavior was seen in the Y-type microchannel that was neither parallel nor homogeneous flow. Water-acetonitrile and acetonitrile-ethyl acetate mixtures, each marked by a distinctive dye, were delivered at the same flow rate into the Y-type microchannel under laminar flow conditions. Under different volume ratio mixtures, the two phases in the single channel were initially observed to flow in parallel but then swapped over to the opposite wall while still retaining parallel flow. We call this type of laminar flow “microfluidic inverted flow”.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22710/023056030003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報