紀要論文 エピソード記述の社会福祉研究への援用可能性の検討 : 社会福祉実習の事後学習におけるエピソード記述の検証をとおして
エピソード キジュツ ノ シャカイ フクシ ケンキュウ エノ エンヨウ カノウセイ ノ ケントウ : シャカイ フクシ ジッシュウ ノ ジゴ ガクシュウ ニオケル エピソード キジュツ ノ ケンショウ オ トオシテ
Examination of applying to the episode KIJYUTSU (Kujiraoka-case description) to the study of social welfare : through an attempt in the Learning after the field work of social welfare
Examination of the application to the social welfare study of the episode KIJYUTSU (Kujiraoka-case description) : through a trial in the subsequent learning of the field work in social welfare

森口, 弘美  ,  モリグチ, ヒロミ  ,  Moriguchi, Hiromi

(113)  , pp.145 - 170 , 2015-06-30 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NII書誌ID(NCID):AN00211207
内容記述
研究ノート(Note)
本稿の目的は,現象学に関連する三つの視点を提示したうえで,社会福祉実習の事後学習で学生が書いたエピソード記述を検証したうえで,エピソード記述を社会福祉領域の研究に援用する際の意義と可能性を示すことである。その結果,まずエピソード記述をとおして学生が実習体験の意味について理解を深められたことから,エピソード記述を用いた実習指導における成果が認められた。また,現象学的アプローチによる社会福祉研究において,「普遍性を示す」ことがどのようなことを意味するのかを検討することができた。
This brief note shows three viewpoints about phenomenology and the examination of the Episode KIJYUTSU that students wrote. The purpose is to clarify the significance of the method to apply to the study of social welfare. One of the things that become clear by this examination is that the method is helpful so that students can understand the meaning of their experiences trough writing Episode KIJYUTSU. The other thing is how we can clarify the universality when we apply this method to the study of social welfare.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22691/031001130004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報