Departmental Bulletin Paper 「都心回帰」時代の名古屋市都心部における地域コミュニティの現状 : マンション住民を焦点として
「トシン カイキ」ジダイ ノ ナゴヤシ トシンブ ニオケル チイキ コミュニティ ノ ゲンジョウ : マンション ジュウミン オ ショウテン トシテ
都心回帰時代の名古屋市都心部における地域コミュニティの現状 : マンション住民を焦点として
Urban core revival and local community in Nagoya city : a focus on condominium residents in Naka ward

鯵坂, 学  ,  丸山, 真央  ,  上野, 淳子  ,  加藤, 泰子  ,  堤, 圭史郎  ,  アジサカ, マナブ  ,  マルヤマ, マサオ  ,  ウエノ, ジュンコ  ,  カトウ, ヤスコ  ,  ツツミ, ケイシロウ  ,  Ajisaka, Manabu  ,  Maruyama, Masao  ,  Ueno, Junko  ,  Kato, Yasuko  ,  Tsutsumi, Keishiro

(113)  , pp.1 - 106 , 2015-06-30 , 同志社大学社会学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク シャカイ ガッカイ , Alternative:The Association of Social Studies, Doshisha University
ISSN:02862840
NCID:AN00211207
Description
論文(Article)
名古屋市でも1990年代後半以降、人口の「都心回帰」が顕著になった。都心の地域コミュニティはどのような変化を経験し、人口の再増加を牽引しているマンションの新住民の社会的背景にはどのような特徴があるのか。統計分析、都心部の学区でのインタビュー調査、中区内のマンション住民への質問紙調査の結果、増加は主に単身世帯や夫婦世帯で、居住満足度や定住志向は高いが、地域住民組織への参加は低調である、しかしコミュニティ形成の契機は一定程度あるため、今後のとりくみが重要であることが明らかになった。
Since the late 1990s, Nagoya has experienced the changing trend of the urban core population resulting from rapid increase of middle- and high-rise condominiums in the district like other major cities. In this condition, what changes have local communities faced? What is the social character and consciousness of new condominium residents? With interviews and a questionnaire survey in the Naka ward of Nagoya, we found that the population increase can be attributed to that of single-person and married-couple households, and that the socio-economic status of new condominium residents is higher than that of the long-term residents, and that most of the residents are not actively involved in the neighborhood association although some of them participate. Consequently, many of the existing neighbourhood associations struggle with ageing and decreasing active members.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22688/031001130001.pdf

Number of accesses :  

Other information