紀要論文 お手軽介護予防トレーニングプログラム(Do-SAR/B体操)の開発(第2報) : 各動作時の作動筋に関する筋電図学的検討
オテガル カイゴ ヨボウ トレーニング プログラム(Do-SAR/B タイソウ)ノ カイハツ(ダイ2ホウ) : カク ドウサジ ノ サドウキン ニカンスル キンデンズガクテキ ケントウ 
お手軽介護予防トレーニングプログラムDo-SAR/B体操の開発第2報 : 各動作時の作動筋に関する筋電図学的検討
オテガル カイゴ ヨボウ トレーニング プログラム(ドゥサーブ タイソウ)ノ カイハツ(ダイニホウ) : カク ドウサジ ノ サドウキン ニ カンスル キンデンズガクテキ ケントウ 
Development of the comfortable training program (Do-SAR/B exercise) to prevent frailty and disability (2nd report) : electromyographic examination of the agonist muscles during various movements of Do-SAR/B exercise

栁田, 昌彦  ,  石原, 一成  ,  ヤナギタ, マサヒコ  ,  イシハラ, カズナリ  ,  Yanagita, Masahiko  ,  Ishihara, Kazunari

(7)  , pp.35 - 44 , 2015-06-30 , 同志社大学スポーツ健康科学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク スポーツ ケンコウ カガクカイ , Alternative:Society of Health and Sports Science, Doshisha University
ISSN:18834132
NII書誌ID(NCID):AA12384109
内容記述
原著(Original investigation)
高齢者が手軽に楽しく介護予防運動を実施できるトレーニングプログラムを開発することを目的として,バランスパッドの上で柔軟運動・有酸素運動・レジスタンス運動を複合的に実施し,同志社大学のカレッジソングに合わせて短時間で取り組めるオリジナル複合トレーニングプログラム(Do-SAR/B体操)を創作した.この体操は,柔軟運動・有酸素運動・レジスタンス運動の全ての構成プログラムにおいて,上肢や下肢,体幹などの様々な骨格筋を広範囲に動員することが示唆された.
The purpose of the present study was to develop a simple and enjoyable training program to prevent frailty and disability for elderly individuals. We created an original composite training program (Do-SAR/B exercises) which can be conducted over a short period of time; in this program, participants perform flexibility exercise, aerobic exercise, and resistance exercise on a balance pad along with Doshisha University college songs. We also conducted electromyographic analysis in order to examine the types of skeletal muscles mobilized in this training program. In all component programs of Do-SAR/B exercises, it was indicated that a wide range of skeletal muscles are mobilized in the upper limbs, lower limbs, and trunk.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22683/043000070005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報