Departmental Bulletin Paper 愛知少年院における矯正教育の事例研究 : 更生支援パートナードッグ・プログラムの現地調査を踏まえて
アイチ ショウネンイン ニオケル キョウセイ キョウイク ノ ジレイ ケンキュウ : コウセイ シエン パートナー ドッグ・プログラム ノ ゲンチ チョウサ オ フマエテ
愛知少年院における矯正教育の事例研究 : 更生支援パートナードッグプログラムの現地調査を踏まえて
A case study on corrective education at Aichi reformatory : based on the field research of its partner-dog program for reclamation support

中村, 智帆  ,  ナカムラ, チホ  ,  Nakamura, Chiho

17 ( 1 )  , pp.137 - 152 , 2015-09-20 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NCID:AA11408121
Description
研究ノート・資料(Note)
少年院の矯正教育においては、様々なプログラムが組まれている。本論は、その中でも、子どもたちの情操を育てることを目的とした犬を用いたプログラム、「更生支援パートナードッグプログラム」に焦点を当て検討を加えた。事例調査に当たり、院生たちと共に、筆者がプログラムに参与観察し、その状況や特徴につき、エスノグラフィーの手法を用いて論述した。
At the youth reformatory, there are various programs for corrective education. This paper focuses for the research on “Partner-Dog Program for Reclamation Support” of which purpose is children’s emotional development. The result of observatory study of the program to which the author joined together with the youth inmates is delineated in an ethnographic way referring to the situation and characteristics of the program.
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22644/019017010010.pdf

Number of accesses :  

Other information