紀要論文 自治体組織の変革に関する理論モデルの提唱
ジチタイ ソシキ ノ ヘンカク ニカンスル リロン モデル ノ テイショウ
The theoretical model of organizational changes in local government
The theoritical model of organizational changes in local government

加藤, 洋平  ,  カトウ, ヨウヘイ  ,  Kato, Yohei

17 ( 1 )  , pp.93 - 106 , 2015-09-20 , 同志社大学政策学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク セイサク ガッカイ , Alternative:The Policy and Management Association of Doshisha University
ISSN:18808336
NII書誌ID(NCID):AA11408121
内容記述
研究ノート・資料(Note)
本稿では、外部環境、政策、組織編成、組織過程という要素を適合させることが組織のパフォーマンスの向上につながることを表す「自治体組織の適合モデル」と、その自治体組織における適合状態を維持するための変革形態である「職務的変革」と「政策的変革」を提示している。「職務的変革」は、行政職員が中心となって行う変革形態であり、既存の政策や組織編成をもとにして、より効率的な職務遂行体制を構築していくために実施する。一方、「政策的変革」は、トップ・マネジメントが関わるなかで、政策や組織編成を大幅に見直す変革形態であり、政策課題や行政ニーズのあり方が変化した際などに実施していくことになる。今日の自治体組織は、「職務的変革」と「政策的変革」の2つを組み合わせることで、外部環境の変化に対応していくことが可能になると考える。
CONTENTSの英文タイトル表記に誤りあり (誤)theoritical → (正)theoretical
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22641/019017010007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報