紀要論文 BACnetを用いた知的照明システムの照明制御台数の削減について
BACnet オ モチイタ チテキ ショウメイ システム ノ ショウメイ セイギョ ダイスウ ノ サクゲン ニツイテ
バックネット オ モチイタ チテキ ショウメイ システム ノ ショウメイ セイギョ ダイスウ ノ サクゲン ニ ツイテ
For reduction of lighting control numbers of the intelligent lighting system via BACnet

谷口, 武  ,  三木, 光範  ,  川島, 梨沙  ,  吉田, 拓馬  ,  間, 博人  ,  タニグチ,タケシ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  カワシマ, リサ  ,  ヨシダ,タクマ  ,  アイダ, ヒロト  ,  Taniguchi, Takeshi  ,  Miki, Mitsunori  ,  Kawashima, Risa  ,  Yoshida, Takuma  ,  Aida, Hiroto

56 ( 2 )  , pp.126 - 132 , 2015-07-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
著者らは、オフィス環境の改善の研究を行っている。オフィスの環境を改善することで、執務者の生産性の向上やストレスの削減に期待ができる。そこで、著者らは、照明環境に注目し、照明個別分散制御(以後、知的照明システムと呼ぶ)の研究・開発を行っている。本システムを用いて各執務者が要求する明るさを提供することで、省エネルギーをも実現することが可能である。知的照明システムは、電力計、知的照明システム制御コンピュータ、照明、また照度センサを独自のネットワークに接続して構成するシステムである。そのため、導入と運用において、イニシャルコストとランニングコストに課題点がある。そこで、知的照明システムの導入と運用に必要なイニシャルコストとランニングコストを削減するために、BACnetを用いた知的照明システムを提案した。また、提案システムの制御遅延についても解決する。
We are doing research on the improvement of office environment. By improving the office environment, it can be expected effects such as stress reduction and improvement of intellectual productivity of office user. Therefore, we have conducted studies by focusing on light office environments, it has been proposed a distributed controlled illumination system (Hereinafter, intelligent lighting system) for implementing individual illuminance. The implemented lighting pattern of the optimal illumination intensity required by the office’s intelligent lighting system can be expected to effect energy savings. Intelligent lighting system is a system to be configured to connect a network of its own power meter, intelligent lighting system control computer, lighting, and the illuminance sensor. For that reason, the running cost of the control of the system and maintenance of equipment and the initial cost at the time of introduction is required. Therefore, we propose the intelligent lighting system constructed with the BACnet to facilitate the running costs and initial costs that are required to introduce intelligent lighting system. In addition, we have resolved issue regarding bottleneck of the gateway.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22624/023056020007.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報