紀要論文 マルチエリア型人感センサを用いた在席・離席検知手法の検討
マルチ エリアガタ ジンカン センサ オ モチイタ ザイセキ・リセキ ケンチ シュホウ ノ ケントウ
マルチエリア型人感センサを用いた在席離席検知手法の検討
Verification of a seat occupancy/vacancy detection method using high-resolution infrared sensors

寺井, 大地  ,  三木, 光範  ,  伊藤, 克也  ,  上南, 遼平  ,  間, 博人  ,  テライ, ダイチ  ,  ミキ, ミツノリ  ,  イトウ,カツヤ  ,  ジョウナン, リョウヘイ  ,  アイダ, ヒロト  ,  Terai, Daichi  ,  Miki, Mitsunori  ,  Ito, Katsuya  ,  Jonan, Ryohei  ,  Aida, Hiroto

56 ( 2 )  , pp.113 - 119 , 2015-07-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:21895937
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
我々は執務者が要求する任意の照度値を任意の場所に最小の電力で実現する知的照明システムを提案している。実オフィスに導入し、各執務者の個別照度を実現することにより、快適性の向上と消費電力の削減を実現した。知的照明システムでは各執務者が在席・離席を手動で変更しているが、適切に変更しない執務者が多かった。そのため、執務者が不在であるにもかかわらず、不必要な照明が点灯しており、省エネルギー性が低下していた。そこで、執務者の在席・離席状態を自動的に検知する手法を提案する。本研究では、256分割した画素に対して温度検出できるマルチエリア型人感センサを用いる。マルチエリア型人感センサが出力する温度とその時間差分を用いることで執務者の在席・離席を検知する。提案手法の有効性について検証した結果、執務者の在席・離席状態の検知が可能であることが確認できた。
We have conducted research on the Intelligent Lighting System that realizes illuminance demanded by a worker at minimum power. In a real office, the system realized improving in office workers comfort and reducing the power consumption. In the system, workers are necessary to change the occupancy/ vacancy status. However, some workers didn’t change it appropriately. There were lights that provided brightness more than required even though there were no workers. Thus, we propose a method for automatically controlling changes in the occupied/ unoccupied status of a worker’s seat. This study uses high-resolution infrared sensors that can detect temperature. The method detects the occupied/ unoccupied status of a worker’s seat by using temperature values output by high-resolution infrared sensors and their differences. We confirmed that the system incorporating the proposed method detects the occupied/ unoccupied status.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22622/023056020005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報