Departmental Bulletin Paper コグニティブ無線における通信品質の協調モニタリングを用いた通信エリア推定法の一検討
コグニティブ ムセン ニオケル ツウシン ヒンシツ ノ キョウチョウ モニタリング オ モチイタ ツウシン エリア スイテイホウ ノ イチケントウ
A study on estimation method of communication area using cooperated monitoring of communication quality in cognitive radio

村山, 達哉  ,  笹岡, 秀一  ,  岩井, 誠人  ,  ムラヤマ, タツヤ  ,  ササオカ, ヒデイチ  ,  イワイ, ヒサト  ,  Murayama, Tatsuya  ,  Sasaoka, Hideichi  ,  Iwai, Hisato

56 ( 2 )  , pp.95 - 105 , 2015-07-31 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
コグニティブ無線において、PU (Primary User)の通信に対して障害を与えることなくSU (Secondary User)が通信を行うことは大きな課題である。この課題に対して、PUからの送信信号を検出するセンシング技術が提案されているが、PUの通信エリアやSUがPUに与える影響を十分に推定できない。そこで本稿では、擬似ビット誤りによる通信品質推定法を用いた通信エリア推定法を提案し、シミュレーションにより評価する。その結果として、通信エリア推定法の有意性を示し、またSUがPUに与える影響を電力と距離の関係を用いて示した。
In the field of Cognitive Radio, to avoid influence to the communication quality of PU (Primary User) and to realize the communication of SU (Secondary User) simultaneously can be technical subjects. In these issues, the sensing technology where the PU signals are detected has been proposed, however, neither the communication area of PU nor the influence to communication quality of PU from SU cannot be estimated sufficiently. In this paper, the method of how to decide the communication area based on communication quality estimation which is a technique by using pseudo error is proposed and the numerical results based on simulation are discussed as well. According to the results, the effectiveness of the proposal is shown. Moreover, the influence to the communication quality of PU by SU is shown by using the relationship between the power and distance as well.

Number of accesses :  

Other information