紀要論文 中国における人文教育およびキリスト教研究に関する考察 : 共産党文化制度における基督教学術研究を中心にして
チュウゴク ニオケル ジンブン キョウイク オヨビ キリストキョウ ケンキュウ ニカンスル コウサツ : キョウサントウ ブンカ セイド ニオケル キリストキョウ ガクジュツ ケンキュウ オ チュウシン ニ シテ
A study on Chinese humanities education and Christian education : focus on Christian research under communist cultural systems

李, 剣峰  ,  リ, ケンポウ  ,  Li, Jianfeng

6pp.51 - 63 , 2015-03-31 , 同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR) , Transcription:ドウシシャ ダイガク イッシンキョウ ガクサイ ケンキュウ センター(CISMOR) , Alternative:Doshisha University, Center for Interdisciplinary Study of Monotheistic Religions (CISMOR)
ISSN:21850380
NII書誌ID(NCID):AA12478825
内容記述
今日において、中国のキリスト教研究は主に二つの伝統に基づいている。一つは、儒教を中心としている古い伝統であり、もう一つはマルクス主義を中心としている新しい伝統である。本稿は共産主義文化制度における人文教育およびキリスト教研究の現状と可能性について考察する。1980年以降のキリスト教学術研究の特殊な例として漢語神学を分析する。
At the present time, Chinese Christian research is rooted in two traditional systems: an old traditional cultural system centered on Confucianism and a neo-traditional cultural system centered on Marxism. This study explicates the potential and current status of Christian research under the Communist cultural system, including theological education and research on Chinese Christian churches and academic institutions. Sino-Christian Theology will be applied through specific cases in order to analyze Christian academic research after 1980.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22615/050000060004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報