紀要論文 竹幽文庫蔵『源氏千種香』の紹介(七) : 31真木柱香~40御法香
チクユウ ブンコゾウ『ゲンジ チグサコウ』ノ ショウカイ(7) : 31 マキバシラコウ~40 ミノリコウ
竹幽文庫蔵源氏千種香の紹介(七) : 31真木柱香40御法香
Introduction of "Genji Chigusako" possessed by Chikuyu-Bunko (7) : 31 Makibashirako ~ 40 Minoriko

矢野, 環  ,  岩坪, 健  ,  福田, 智子  ,  ヤノ, タマキ  ,  イワツボ, タケシ  ,  フクダ, トモコ  ,  Yano, Tamaki  ,  Iwatsubo, Takeshi  ,  Fukuda, Tomoko

45 ( 1-2 )  , pp.49 - 87 , 2015-08-17 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
資料(Material)
竹幽文庫蔵『源氏千種香』は、『源氏物語』五十四帖にちなんだ五十四種類の組香の作法を記した、安永二年(一七七三)の自叙をもつ伝書である。本稿では、まず、真木柱香から御法香(梅枝香・若菜下香を除く)を翻刻し、次に、これらの巻の内容について、先行する菊岡沾涼著『香道蘭之園』所収本(元文二年〈一七三七〉頃成立)と比較して、『源氏物語』およびその梗概書や注釈書との関わりを考察する。巻末には、当該箇所の影印を付す。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22596/007001060004.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報