紀要論文 『曾禰好忠集』所収「好忠百首」の本文異同について : 古写本三種による比較
『ソネノ ヨシタダシュウ』ショシュウ「ヨシタダ ヒャクシュ」ノ ホンモン イドウ ニツイテ : コシャホン サンシュ ニヨル ヒカク
曾禰好忠集所収好忠百首の本文異同について : 古写本三種による比較
ソネ ヨシタダシュウ ショシュウ ヨシタダ ヒャクシュ ノ ホンブン イドウ ニ ツイテ : コシャホン サンシュ ニ ヨル ヒカク
For difference of "Yoshitada-Hyakusyu" text in three of the old manuscripts

南里, 一郎  ,  ナンリ, イチロウ  ,  Nanri, Ichiro

45 ( 1-2 )  , pp.35 - 47 , 2015-08-17 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
研究ノート(Note)
『曾禰好忠集』の主要伝本である鎌倉時代の古写本三種「天理本」「書陵部本」「資経本」における本文異同を検討すると、異文の出現数や伝本ごとの傾向に大きな違いが認められた。このことは、構成要素ごとにみると『好忠集』の本文が均質ではなく、本集にまとめられるまでの伝来の事情に差があることを強く示唆するものである。各構成要素が単一の歌集内部に集成される以前の様相をとどめている可能性を示している。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22595/007001060003.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報