紀要論文 光源氏の物語における舜譚利用 : 孝思想との関わりから
ヒカル ゲンジ ノ モノガタリ ニオケル シュンタン リヨウ : コウシソウ トノ カカワリ カラ
The quote of the story of Shun in the story of Hikaru Genji : from involvement with filial piety

森, あかね  ,  モリ, アカネ  ,  Mori, Akane

45 ( 1-2 )  , pp.1 - 17 , 2015-08-17 , 同志社大学人文科学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン カガク ケンキュウショ , Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University
ISSN:04196759
NII書誌ID(NCID):AN00108933
内容記述
論説(Article)
光源氏と弘徽殿女御の関係における物語と舜譚の展開比較を通して、物語における舜譚の利用方法を考察する。舜譚は物語展開の骨組みとして大きな割合を占めている。光源氏と舜の重なりは、光源氏の孝子としての姿を浮かび上がらせる。中国において孝は国家統一理念であり、孝による治世を実現した人物は明王として尊ばれた。紫式部は孝思想を享受し、光源氏の王としての素質を示したのである。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/22588/007001060001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報