学位論文 Study on succinic acid extraction by liquid membranes and aqueous two-phase systems containing ionic liquids
イオン液体を含む液膜および水性2相法によるコハク酸の抽出に関する研究
イオン エキタイ オ フクム エキマク オヨビ スイセイ 2ソウホウ ニヨル コハクサン ノ チュウシュツ ニカンスル ケンキュウ

Pratiwi, Aulia Indah  ,  プラティヴィ, アウリア インダ

2015-03-22
NII書誌ID(NCID):BB18533207
内容記述
近年発酵生産が注目されているコハク酸の抽出分離法についてイオン液体を含む液膜法及び水性2相抽出法を用いて研究した.イオン液体を含む含浸型液膜により,受容相に塩酸水溶液を用いることでコハク酸の上り坂輸送を達成できた.次にイオン液体を含む高分子溶媒膜によるコハク酸の透過を検討した.最適な条件は含浸液膜と異なり,透過にはコハク酸の各化学種が関与していた.最後に水溶性有機溶媒やイオン液体を用いた水性2相抽出法によるコハク酸の抽出を行った.塩および糖を相分離剤とすることで,発酵液で想定されるコハク酸の80%以上の抽出が達成できた.
Succinic acid is widely used in many industrial sectors; pharmacy, textile, food, etc. The bio-production of succinic acid from renewable resource was desired because the petrochemical production of succinic acid became costly. In this study, the extraction and separation techniques of succinic acid by liquid membranes (LMs) and aqueous two-phase system (ATPS) containing ionic liquids (ILs) were exploited. The permeation mechanisms and optical conditions were elucidated.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17597/k723.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17597/zk723.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報