学位論文 垂直導体のサージ伝搬特性を考慮した風力発電タワー周波数依存回路解析モデル
スイチョク ドウタイ ノ サージ デンパン トクセイ オ コウリョシタ フウリョク ハツデン タワー シュウハスウ イゾン カイロ カイセキ モデル
Frequency dependent circuit analysis model including surge propagation characteristic on vertical conductor

池田, 陽紀  ,  イケダ, ヨウキ  ,  Ikeda, Yoki

2015-03-22
NII書誌ID(NCID):BB18529130
内容記述
風力発電システムは、現在世界中で普及しているが、その地上高と立地条件からしばしば落雷の被害を受け、稼働率の低下が問題視されている。本論文は、垂直導体である風力発電タワーにおける雷サージ解析の高精度化、高速化を目的とした垂直導体回路解析モデルの提案、およびその有用性のについて述べるとともに、風力発電所や洋上風車への拡張性についてまとめたものである。
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17591/k717.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17591/zk717.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報