Thesis or Dissertation 戦後日本の福祉レジームの分析 : 「共同体化」の制度論
センゴ ニホン ノ フクシ レジーム ノ ブンセキ : 「キョウドウタイカ」ノ セイドロン
戦後日本の福祉レジームの分析 : 共同体化の制度論
センゴ ニッポン ノ フクシ レジーム ノ ブンセキ : キョウドウタイカ ノ セイドロン
A study of the welfare regime in post-WWII Japan : focusing on institutionalism as 'Kyodotaika'

今里, 佳奈子  ,  イマサト, カナコ  ,  Imasato, Kanako

2015-03-21
NCID:BB21735108
Description
本稿は、わが国の福祉レジーム再編の方向性について考察するために、従前の「日本型福祉レジーム」の特徴をあきらかにしようとものである。具体的には、わが国福祉レジームの特徴が、「家族自己責任の原理」を「共同体化」という手法によって補完的に緩和するところにあったということを明らかにし、その「日本的形態」を具体的に明らかにした。
This study focuses on the characteristics of the welfare regime of Japan after the second world war with the aim of forecasting its future. This study has found one of the major features of the welfare regime of Japan in its strong demand on families to be financially and physically independent. The risks the Japanese families had been forced to take by themselves, however, reduced to some extent by the governmental policies I call "communalization" or "kyodotaika."
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17577/k703.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17577/yk703.pdf

Number of accesses :  

Other information