学位論文 米国における富の移転課税
ベイコク ニオケル トミ ノ イテン カゼイ
Wealth transfer taxation in the United States of America

佐古, 麻理  ,  サコ, マリ  ,  Sako, Mari

2015-03-20
NII書誌ID(NCID):BB21733736
内容記述
米国における富の移転課税制度とその課税根拠論について検討し,その検討結果を踏まえて,今後のわが国における富の移転課税制度のあり方について考察した。本研究の主な検討課題は,(1)課税制度の歴史的展開,(2)実体法としての連邦遺産税,贈与税および世代跳躍移転税の検討,(3)課税根拠論,である。本研究により,米国における富の移転課税は,税法独自の定義と概念に基づいて法が構築されていることが明らかとなった。
The wealth transfer taxation in the United States of America was studied to clarify the legal characteristics in the tax system. The study is composed of a history of federal estate, gift, and generation-skipping taxes, current legal aspects of those taxations, and the rationale for the taxations. The characteristic of the legal aspects in the wealth transfer taxation in the nation is to tax a right and competence for a wealth. The theory of the taxation would be important issues in Japan.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17572/k698.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17572/yk698.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報