学位論文 カントにおける神学と哲学 : プロイセン宗教勅令との関係を巡って
カント ニオケル シンガク ト テツガク : プロイセン シュウキョウ チョクレイ トノ カンケイ オ メグッテ

髙田, 太  ,  タカタ, タイ  ,  Takata, Tai

2015-03-20
NII書誌ID(NCID):BB21730228
内容記述
本論文は、批判期のカントの神学、宗教、キリスト教理解を、その哲学との関連で考察するものである。その際、本論文は、1788年から1794年までのプロイセン王国の宗教政策に関する歴史的考察に基づき、従前より指摘されてきていた、カント晩年の宗教的著述への注力の意図および『単なる理性の限界内の宗教』出版にまつわる謎の解明を目論んでいる。
In meiner Dissertation werden Theologie und Religion von Immanuel Kant und wie er den Christentum versteht, im Zusammenhang mit seiner kritischen Philosophie betrachtet. Dabei wird gezielt, auf die vorangehend hingewiesenen Fragen zu antworten; Die Frage nach der Absicht der Beschäftigung mit religiösen Schriften im seinen späteren Jahren sowie die nach der Problematik des konkreten Veröffentlichungsprozess des Buchs "Die Religion innerhalb der Grenzen der bloßen Vernunft".
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17566/k692.pdf

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17566/yk692.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報