Departmental Bulletin Paper 近世におけるペストの苦難と《峻厳な神》の支配 : 一六世紀の宗教改革の一要因
キンセイ ニオケル ペスト ノ クナン ト《シュンゲンナ カミ》ノ シハイ : ジュウロクセイキ ノ シュウキョウ カイカク ノ イチヨウイン
近世におけるペストの苦難と峻厳な神の支配 : 16世紀の宗教改革の一要因
La divinità e la riforma protestante luterana

石坂, 尚武  ,  イシザカ, ナオタケ  ,  Ishizaka, Naotake

(195)  , pp.111 - 194 , 2015-03-15 , 同志社大学人文学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ジンブン ガッカイ , Alternative:The Literary Association, Doshisha University
ISSN:04477340
NCID:AN00122832
Description
ルターの宗教改革は、これまでペストの心性的な影響という面からは説明されてこなかった。当時、ペストは、常に神罰と見なされたのであった。本論文では、ペストが人びとに与えた心性的影響から宗教改革の生起を明らかにする。ドイツにおけるペストの発生、ペストに対する人びとの受け止め方、神秘主義神学の影響から、ルターの宗教改革を論じる。結局、ペストによって神観念が変貌し、その観念から宗教改革が発生した側面が証明される。
Reformation has not been explained in the view of the mental influence of plague. Importantly, plague was always considered divine punishment. This paper enlights Reformation of Luther in the view of the mental influence caused by plagues. The cause of Reformation is discussed in this paper from three points: from the outbreaks of plagues in Germany, mental reception of plagues by contemporaries, and mysticism of theology. In short, the change of ideas of God caused by Black Death provoked Reformation fundamentally.
訂正 p.170. & p.171. 「諸会話」→「聖会話」 p.191の 注(107)、「常時」→「情事」
Full-Text

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/17060/011001950004.pdf

Number of accesses :  

Other information