紀要論文 可変指向性アンテナを用いた電波位置指紋による端末位置推定の性能評価
カヘン シコウセイ アンテナ オ モチイタ デンパ イチ シモン ニヨル タンマツ イチ スイテイ ノ セイノウ ヒョウカ
Evaluation of terminal position estimation by position fingerprinting technique of radio wave using array antenna

大谷, 真由  ,  岩井, 誠人  ,  笹岡, 秀一  ,  オオタニ, マユ  ,  イワイ, ヒサト  ,  ササオカ, ヒデイチ  ,  Ohtani, Mayu  ,  Iwai, Hisato  ,  Sasaoka, Hideichi

56 ( 1 )  , pp.41 - 47 , 2015-04-30 , 同志社大学ハリス理化学研究所 , Transcription:ドウシシャ ダイガク ハリス リカガク ケンキュウジョ , Alternative:Harris Science Research Institute of Doshisha University
ISSN:00368172
NII書誌ID(NCID):AA12716107
内容記述
本稿では、電波伝搬特性の位置指紋に基づく端末位置推定法の推定精度について検討する。この方式では、端末位置は既知の場所で事前に測定した伝搬特性情報と位置推定をする地点の伝搬特性情報とのパターンマッチングにより位置を推定する。位置指紋として、送受信局に設置したアレーアンテナのアンテナパターンを変化させることで人為的に生成したRSSI変動を用いる。RSSI変動の測定は室内環境において実測で行う。測定したデータを用いて、提案した方式における位置推定の推定精度について評価する。しかしながら、その推定精度は実環境で使用するには十分な推定精度ではないことがわかった。この問題を解決するために、複数APを用いる方法を新たに提案する。複数APを用いることで推定精度の改善を示す。
In this paper, we consider the accuracy of terminal position estimation method based on position fingerprint of radio propagation characteristic. In the technique, terminal position is estimated by pattern matching between pre-measured information at known positions and newly-measured information at a position-estimating point. As the position fingerprint, we use artificially generated RSSI variation produced by changing antenna pattern of array antenna used in transmitter and receiver. Measurement of RSSI variation is carried out in an actual indoor environment. Using the measured data, we evaluate the accuracy of the position estimation of the proposed method. However, we found the estimation accuracy is not sufficient, considering practical use. To overcome the problem, we propose a new method using multiple Access Points (APs). We show the improvement of the accuracy by using multiple APs.
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/16939/023056010006.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報