紀要論文 境界から思考する : 『方法としての境界、あるいは労働の多数化』が問いかけるもの
キョウカイ カラ シコウ スル : 『ホウホウ トシテノ キョウカイ、アルイワ ロウドウ ノ タスウカ』ガ トイカケル モノ
境界から思考する : 方法としての境界あるいは労働の多数化が問いかけるもの
Thinking on border : the problematique of border as method or, the multiplication of labor

西川, 和樹  ,  安里, 陽子  ,  桐山, 節子  ,  小路, 万紀子  ,  高橋, 侑里  ,  ニシカワ, カズキ  ,  アサト, ヨウコ  ,  キリヤマ, セツコ  ,  ショウジ, マキコ  ,  タカハシ, ユリ  ,  Nishikawa, Kazuki  ,  Asato, Yoko  ,  Kiriyama, Setsuko  ,  Syouji, Makiko  ,  Takahashi, Yuri

5pp.133 - 144 , 2015-03-31 , 同志社大学グローバル・スタディーズ学会 , Transcription:ドウシシャ ダイガク グローバル・スタディーズ ガッカイ , Alternative:The Association of Global Studies, Doshisha University
ISSN:21859396
NII書誌ID(NCID):AA12515874
内容記述
書評
代表:西川和樹
本文を読む

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/16929/049000050009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報