学術雑誌論文 キーワードからみた都市計画研究の変遷
Transition of urban planning studies viewed from keywords

都築, 早織  ,  片山, 茜  ,  谷口, 守

52 ( 3 )  , pp.329 - 335 , 2017-10 , 公益社団法人 日本都市計画学会 , The City Planning Institute of Japan
ISSN:0916-0647
NII書誌ID(NCID):AA12749321
内容記述
2019年に都市計画法の施行から100年を迎えるとともに,都市計画学会においても2016年に現在までの論文と記事をすべてまとめた日本都市計画学アーカイブスが作成された.都市計画をめぐる研究や取り組みが現在までどのように経年的になされてきたのか,客観的・統計的に整理を行う今がベストのタイミングであるといえる.本研究ではこのアーカイブスから各時代で注目されたキーワードを特集記事等より収集し,その出現状況の変遷を整理した.分析の結果,近年において開発から縮小へと研究の着眼点が大きく推移していること,災害関連の研究は発災直後にのみ大きく増加することなど,多くの特徴的な動向を初めて明らかにすることができた.In 2019, it will have been 100 years since the first enforcement of the urban planning law. Moreover, urban planning archives of Japan recording all papers and articles up to the present were compiled in 2016 by the City Planning Institute of Japan. One might infer it as the best timing to organize objective and statistical analysis of initiatives on urban planning over the years. This study collected keywords that haveattracted attention in each era from this archive, from feature articles and organized the transition of theappearance situation. For the first time ever reported, results of the analysis clarified several distinctive trends. One is that the perspective of research has changed greatly from development to reduction in recent years. Also, disaster-related studies increase greatly immediately after a disaster.
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=45179&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報