Journal Article 格子状交通ネットワークモデルにおける移動経路と流動交差量の分布について

三浦 , 英俊  ,  鈴木 , 勉

52 ( 3 )  , pp.717 - 722 , 2017-10 , 公益社団法人 日本都市計画学会 , The City Planning Institute of Japan
ISSN:0916-0647
NCID:AA12749321
Description
都市内の交通流動を効率よく制御し,流動の錯綜や滞留,これらに伴う事故などの問題を軽減することは,古くからの都市計画の課題であり,幅広い分野の理論的・実証的研究がある.なかでも都市に発生する流動の量とそれらの交差を把握するための理論的研究については,矩形や円形の都市を対象に多くの研究結果が得られている.本研究では,有向リンクで構成される格子状交通網を持つ正方形都市モデルにおいて.交差点において直交する2つのリンクから流入する流動量の積を用いて流動交差量を計算する.経路選択ルールと交通網規模を変化させて,リンクを通過する流動量と交差点における流動の交差の量を求める.流動量と交差の量の都市モデル内の空間分布から,交通網の規模および経路選択が交差点における交差に与える影響について論じる.さらに数理計画問題を用いて都市全体の流動の交差量が最小となる経路選択を求めるとともに,外回り経路との比較を行う.解析の結果,流動交差量が最小となる経路選択ルールと外回り経路は,交差の総量に大きな違いがなく,外回り経路によって都市内の交通流動の交差を減少させることができることが明らかとなった.Given a road network laid out in a square grid pattern and a set of origin-destination pairs, various routes of the same length may be considered. Vehicles entering into road intersections have to stop or reduce speed for safety. These vehicle behaviors are modeled as ``traffic flow crossing'' in this study. We construct a theoretical model to treat spatial distributions of traffic flow crossings in a road network given by an nn square grid with uniform demand for each node pair, and show the dependency of the result on routing strategies. First, we derive traffic flow and crossing in the road network, and compare routing by random choice, single leftturning, and turningpoint remote from center under the constraint that these strategies have the same average internal travel length. The third one gives the least value of the traffic flow crossing in the three routing rules. Second, we create a mathematical programming model to minimize the overall amount of crossings. We find that the minimum values of the amount of crossings are smaller than 85 -98 % of the turning-point remote from center routing.
Full-Text

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=45135&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information