学術雑誌論文 近代の和歌山城址における風致の破壊と保存をめぐる動き

野中 , 勝利

52 ( 1 )  , pp.72 - 83 , 2017-04 , 公益社団法人 日本都市計画学会 , The City Planning Institute of Japan
ISSN:0916-0647
NII書誌ID(NCID):AA12749321
内容記述
本研究は近代の和歌山城址において、風致を破壊する計画とそれに反対する取り組みの経過を明らかにすることを目的とする。風致の破壊とは濠の埋め立てや石垣の取り壊しのことである。1910年に軌道整備に伴う濠の埋め立てがあった。1914年に和歌山市による道路整備に伴う濠の埋め立て計画では、市議会や新聞に反対する意見が出された。結局、和歌山市長はその計画を撤回した。1915年には風致の破壊を伴う和歌山城址の公園改修が計画され、賛否の意見があった。最終的に和歌山県知事はそれを許可しなかった。1922年から1923年にかけて、再び濠の埋め立て計画が浮上し、一部の埋め立ては実施された。
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=45078&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報