Departmental Bulletin Paper 1900年パリ万国博覧会における装飾芸術中央連合の展示館 : フランス装飾芸術の伝統と「近代様式」をめぐって
The Central Union of the Decorative Arts Pavilion at the 1900 Paris Exposition Universelle. The Tradition and "Modern Style" of French Decorative Arts

赤間, 和美

31pp.1 - 13 , 2016-03-01 , 筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術学研究室 , Seminar on History of Art, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba
ISSN:02894084
NCID:AN10092964
Description
2015年臺日五大學藝術史研究生交流研討會 会期:2015年12月12日 午前9時~午後5時 会場:国立台湾師範大学教育学院大楼202国際会議庁
(付記)本稿は、平成25年度筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻美術史領域修士論文「19世紀フランス装飾芸術をめぐる伝統と様式―パリ万国博覧会(1900)における装飾芸術中央連合の展示館を中心に」の一部に基づき、加筆修正したものである。
著作権保護のため、すべての掲載図版に墨消し処理を施しています。
Full-Text

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=42450&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information