会議発表論文 〈研究発表〉日本語・ウズベク語慣用句についての考察

トゥラポヴァ, ナルギーザ

内容記述
日本語の慣用句は「いくつかの語を続けて、ある特定の意味を表すことが習慣的に行われている表現」とよく定義されている。また、慣用的な言い回しをも含み、比喩的なものが多く、日本やウズベキスタンの生活・性向・発想を探る格好の材料となる。著者は本稿に日本語やウズベク語においての慣用句の定義を考察してみた。
Phraseological units of all languages have their own special forms of expressing. Phraseological units are used in everyday life. The origin of phraseological units are from society, they conform the personality of every society and reflect national figures, the customs of the nation, the way of thinking and character of different nations. In the following article the author tried to find out, how much was studies the phraseological units of Japanese and Uzbek languages and made research based on the statements of researches who worked with phraseological units.
中央アジア諸国日本研究カンファレンス 日程:2017年2月18日-19日 会場:カザフ国立大学東洋学部棟(アルマティ、カザフスタン)
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=41523&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報