会議発表論文 〈研究発表〉第二言語習得におけるスキャフォールディングの有効性 : 日本の英語教育の場合

ヴァンバーレン, ルート

内容記述
本研究においては、第二言語習得におけるスキャフォールディングの有効性を検証する。足場づくりともいわれるスキャフォールディングは学習者が新しいスキルを身につける際、教員(もしくはすでにスキルを身につけているピア)が手助けや支援として与えるサポートのことである。そのとき、支援者は常に学習者がすでに一人でできることとまだできないことを把握する必要があり、両領域の間に位置する最近接発達領域(心理学者ヴィゴツキーが提唱した概念)において必要最低限のサポートのみ与えることによって学習者の学習意欲を促すことができるとされている。本稿では、英語でのライティング経験が少ない日本人大学生を対象とした研究の成果を報告する。1学期(15週、週1回90分授業)間に亘り、教室内活動の一部として英語での段落の書き方に取り組み、その上達を主にライティング課題の単語数増減の観点から考察し、教員が与えるスキャフォールディングの有効性について記述する。教員が段階的に導入した段落の書き方や使用した視覚教材、学習者がライティングに対して感じる負担を減らすための工夫、フィードバックなどを説明したうえ、日本人大学生177人が授業中に行った839のライティング課題を分析した結果、有効だったサポートとそうでないものを明らかにする。単語数の増減に影響を及ぼしたのは、視覚教材の有無およびライティング課題のテーマが学習者の生活に関連しているか否かの2つだった。また、難易度の高いテーマの場合、時間制限内に書かれる単語数が減り、段落の構造も崩れることが明確となり、ライティング前の語彙導入および学習の有効性や段落の構造のさらなる定着のための工夫が今後の課題として挙げられる。さらに、段落の構造の定着を上げるために、視覚教材の有無、教員によるフィードバックおよび配布資料が有効だと考えられるが、詳細な分析が今後必要であると思われる。
The current research discusses the effectiveness of scaffolding in SLA. Scaffolding can be defined as the support given by an instructor or peer who already has certain skills to a learner trying to acquire new skills. The supporter always needs to be aware of what the learner can already do on his/her own and what not. In order to encourage the learner’s motivation, only a limited amount of support should be given to the learner in the Zone of Proximal Development, introduced by Lev Vygotsky and situated between the zones of what the learner can do or not do alone.The research target of this study is a group of Japanese university students with limited experience in English writing. During one semester, they worked on paragraph writing as part of in- class activities. Their improvement is mainly considered in terms of word count per writing. First, the effectiveness of the scaffolding provided by the instructor will be described. The paragraph writing process introduced in steps, the visual materials used, the methods to lower the burden for the learner felt towards writing, as well as the use of feedback are explained. Next, 839 ten-minute timed writings by 177 Japanese university students are analyzed to determine what support was effective.The results indicate that the presence of visual materials and topics close to the learner’s life were effective to increase the word count per writing. Topics with a high difficulty lead to a word count decrease and a paragraph structure collapse. Accordingly, further research is needed on the effectiveness of vocabulary introduction before writing. Preliminary results indicated paragraph structure correctness is affected by the presence of visual materials, instructor feedback and class handouts. However, in future research, more detailed analysis is needed to support this claim.
中央アジア諸国日本研究カンファレンス 日程:2017年2月18日-19日 会場:カザフ国立大学東洋学部棟(アルマティ、カザフスタン)
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=41500&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報