Conference Paper 〈基調講演〉 日本語らしさとわかりやすい日本語

小野, 正樹

Description
言語にはある事態をどのように把握するかと、把握した内容をどのように聴者に伝えるかという2つの機能がある。事態把握の例である。(1) 国会議事堂前(2) 国会議事堂 位置関係を相対的に表すか、それとも絶対的に表すかの違いだが、両文の異なりは主観的把握(1)と客観的把握(2)の対立とも考えられる。池上嘉彦(2011)の主張が明確で、主観的把握とは事態の中に認識主体が入り込むものであり、客観的把握は事態を外から見るものとされる。各把握方法がその言語の特徴ともなる。 また、日本語には聴者目当ての多様な表現があり、表現形式により聴者への配慮を示す。こうした表現を、山岡政紀・牧原功・小野正樹(2010)、小野正樹(2014)では配慮表現として、「対人コミュニケーションにおいて、相手との対人関係をなるべく良好に保つことに配慮して用いられることが、一定程度以上に慣習化された言語表現」と考えている。慣習化について、Leech(1983)が挙げる例である。(3) Could you open the window?(4) Are you able to open the window?(5) 窓を開けてもらえますか。 (3)は聴者への依頼表現となるが、(4)はその理解はできず、日本語では、「窓を開けてもらえますか」という慣習化された授受表現を頻繁に使うことで、聴者への配慮を表している。 こうした「日本語らしさ」に対して、21世紀の現在、非母語話者とも日本語でコミュニケーションする状況や必要性が増えており、日本語らしさから逸脱した「わかりやすい日本語」の必要性も増している。この2つは対立するものではなく、今後領立させていく必要があることを本研究では主張する。
Language has two functions of expressing how a situation is perceived and how it is communicated to the listener.(1) The library is in the back of the cafeteria.(2) The library is in the north of the cafeteria.The above examples illustrate the difference of whether a position is expressed relatively or absolutely. This difference between the two sentences can also be defined by terms of “subjective construal” and “objective construal”. In accordance with the statement by Yoshihiko Ikegami (2011), subjective construal implies that the recognition subject enters situation, whereas objective construal is when a situation is observed from an outside. Each construal is a feature of the language. In the Japanese language, there are expressions which re defined by consideration towards a hearer. Masaki Yamaoka, Isao Makihara and Masaki Ono (2010, 2014) refer to them as “expressions of consideration” and define them as follows: "In personal communication, it is customary to use language phrases with consideration to keep interpersonal relationships with others as good as possible as much as possible". Below is an example cited in Leech (1983):(3) Could you open the window?(4) Are you able to open the window?(5) Mado wo akete moraemasuka? (3) is a request to the listener and (4) inquires of an ability to open the windows. In the Japanese request of (5), a consideration to hearer by using benefactive expression is shown. This is an example of 'sounding Japanese' expression. In the 21st century, necessity of an 'easy-to-understand Japanese' is increasing. In this presentation, we insist that the two versions of the Japanese, namely 'sounding Japanese' and 'easy-to-understand Japanese', are not conflicting. In addition, there is a need to make them compatible in the future.
中央アジア諸国日本研究カンファレンス 日程:2017年2月18日-19日 会場:カザフ国立大学東洋学部棟(アルマティ、カザフスタン)
Full-Text

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=41499&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information