会議発表論文 国立図書館短期大学史:図書館学・文献情報学・図書館情報学への展開過程

吉田, 右子

内容記述
日本初の図書館学の専門課程を持つ大学として設置された国立図書館短期大学の創設から閉学までを、機関資料および大学課程設置審査書類等の歴史資料に基づき検証する。分析にあたり(1) 創設当初からの昇格運動、(2) 文献情報学科増設による改組、(3) 図書館情報大学構想の具現化に焦点を当てて、図書館短期大学の目指した方向性を明らかにした。さらに図書館短期大学と図書館情報学の展開と重ね合わせることによって、日本の図書館情報学史における図書館短期大学の位置付けを特定することを試みた。
発表者:吉田右子(筑波大学)発表学会:日本図書館文化史研究会2016年度研究集会 会場:中京大学名古屋キャンパス 日程:2016年9月17-18日(発表日は9月17日)
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=39379&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報