学術雑誌論文 ゲストOS軽量化のためのストレージ仮想化手法
Storage Virtualization Method for a Lightweigt Guest OS

追川, 修一

8 ( 1 )  , pp.1 - 11 , 2015-03-26 , 一般社団法人情報処理学会 , Information Processing Society of Japan (IPSJ)
ISSN:1882-7829
NII書誌ID(NCID):AA11833852
内容記述
計算機が高性能化し,またクラウドコンピューティングが普及するにともない,オペレーティングシステム(OS)が仮想化環境で使われることが多くなっている.仮想化環境では,仮想マシン(VM)がOSを実行する.VMは仮想化環境が定義するものであるが,実機上で動作するOSをそのまま実行できる実機に相当するVM,そしてOSとVMが連携することで処理を軽量化するVMが,これまで提供されてきた.しかしながら,OSの構造,およびVMがOSに提供するインタフェースは,実機上で動作するOSのものから大きく変更されることはなかった.本論文では,VMが実行するOSの軽量化を目的とし,VMがOSに提供するインタフェースを変更するかたちでのストレージ仮想化手法について述べる.提案手法を,LinuxをホストOSとして用いるKVMに実装した.実験結果から,従来手法と比較して,提案手法はアクセスを高速化できることが分かった.As the performance of computing platforms becomes higher and cloud computing becomes popular, it is common to execute operating systems (OSes) on virtualized environments. Such virtualized environments employ a virtual machine (VM) to execute an OS. While VMs can be defined by virtualized environments, they are defined to be the same as or similar to real hardware; thus, their interface to OSes also remain mostly unchanged. This paper describes a storage virtualization method that changes the VM's storage interface in order to make guest OSes lightweight. We implemented the proposed method in KVM, which utilizes Linux as its host OS. The evaluation results show that the method can improve the data access by comparing with the existing method.
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=37068&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報