会議発表論文 学術論文のOA化に対する市民の需要

佐藤, 翔  ,  数間, 裕紀  ,  逸村, 裕

2011 , 日本図書館情報学会
内容記述
本研究では一般市民(非研究者)における論文のオープンアクセス(OA)化に対する需要について明らかにすることを目的に、日本の社会人800人を対象とするインターネット調査を行った。結果から、1) 市民のOA認知度は低く、OA論文利用経験も少ない、2) 回答者の過半数がOA論文は自身の役に立つと考えている、3) 専門的な情報を得るためにOA論文を用いたいと考えている、4) 最もOA化の需要が高い分野は心理学や医学だが、性別による有意差があり、男性は情報学や工学、女性は教育学や言語学にも需要があること等がわかった。
2011年日本図書館情報学会春季研究集会. 東京(東京学芸大学 小金井キャンパス), 2011-05-14
本文を読む

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=24430&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=24430&item_no=1&attribute_id=17&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報