紀要論文 保護者対応と保育士のバーンアウト:看護師との比較から
Dealing with parents and burnout of nursery specialists : Comparison in nurses

太田, 祐貴子

18pp.1 - 11 , 2017-03-01 , お茶の水女子大学心理臨床相談センター
NII書誌ID(NCID):AA12013515
内容記述
子育て支援の展開に伴い,保育士が長く健康に働き続けるための策が求められている。保育士が専門性を求\められる場面は多岐に渡るが,中でも保護者対応の難しさが言われている。本研究では,保護者対応の現状\を踏まえ,保育士のリスク要因を明らかにし,バーンアウトの予防と軽減について示唆を得ることを目的と\した。CiNii を用いて看護師と保育士のバーンアウトに関する論文を検索し,それぞれの論文で扱われたリ\スク要因についてまとめ,比較検討を行った。看護師はレビュー論文を含む5 本,保育士は要因に触れてい\るものに絞り,14 本を概観した。その結果,保育士のリスク要因は,看護師のみの「患者の死の体験」以外\の,「物理的な負担」,「情緒的な負担」,「保育(ケア)における不全感」,「人間関係の問題(コミュニケー\ションの問題を含む)」,「保育(看護)の専門性の尊重・自主性の剥奪」,「専門的知識や技術・経験のなさ」\が抽出された。その内訳から,保護者対応においては特に「保育における不全感」に含まれる仕事内容の曖\昧さが保育士のバーンアウトのリスク要因の特徴であると捉えられた。バーンアウト予防,軽減のための策\について,主に“detached concern”(Pines & Maslach, 1978)という概念を用いて考察した。
本文を読む

https://teapot.lib.ocha.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=34105&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報