紀要論文 「~さ」派生名詞と「~み」派生名詞に関する一考察 : 共起表現をめぐって
A Tentative Analysis of Japanese Noun Derivation "~sa" and "~mi" : Focusing on Lexical Co-occurrence

曾, 寶儀  ,  TSENG, Pao-I

13pp.141 - 146 , 2017-03-16 , お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター
NII書誌ID(NCID):AA12478097
本文を読む

http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/60955/1/08-2日本文化部会Ⅰ(曾).pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報